新着情報

当院からのお知らせです。

いよいよ、雪かきが必要になりそうです

肩凝りは、なぜ起こる

慢性的な肩凝りの原因は、骨格の構造にあります。2足歩行になった時
人間は約5kgある重い頭。あわせて10kgになる2本の腕を体で支えていた。
頸椎は頭の重みを担当し、鎖骨、胸郭とつながった肩甲骨は腕の筋肉がきちんと
効率的に稼動しないといけない。
ところが現代人は、運動不足で肩まわりの筋肉がうまく使われていません。
悪い姿勢で首、肩に負担をかけないようにしましょう。
次回も肩こりに関連した事を書いていきます。

[ 更新:2009-12-18 ]

その他の記事
>>記事のインデックスに戻る
TOP PAGE