新着情報

当院からのお知らせです。

31日、1月1日、2日お休みします。

肩凝りが原因の筋肉は?

 首や肩周りには、多くの筋肉があり、可動範囲が大きい頚椎と関節の中で一番動く肩関節は、これらの筋肉が協力しあってスムーズに動かすことができる。肩凝りに関係があるのが、僧帽筋と肩甲骨を引き上げる肩甲挙筋で腕をぶら下げているのが、この二つの筋肉です。肩凝りの負担を少しでも減らす方法は、他の筋肉を意識してつかうこと。肩甲骨の内側にある菱形筋を使うことで、何か動作する時は、菱形筋を使って、わきを締めてほしいです。

[ 更新:2009-12-25 ]

その他の記事
>>記事のインデックスに戻る
TOP PAGE